So-net無料ブログ作成
検索選択

サハラに死す - 上温湯隆の一生 - [books]

前人未到のサハラ砂漠単独横断に、一頭のラクダのみで挑んだ22歳の青年。
「砂漠の向こうに何がある?サハラよ!今、懐かしき汝の胸に、俺は戻る・・・・・・。」
「冒険とは、可能性への信仰である」と、彼のラクダ(サーハビー)を奪ったサハラ横断へ、再び旅立った。

サハラに死す―上温湯隆の一生

サハラに死す―上温湯隆の一生



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。