So-net無料ブログ作成
フランク・L・ライト ブログトップ

フランク・L・ライト その4<Dana House> [フランク・L・ライト]

イリノイ州都スプリング・フィールド<Spring Field, IL>には、リンカーン大統領<Abraham Lincoln>に関連する施設以外に観光的に見るものがないというのは、拙速な評価である。
プレーリ住宅<Prairie>の完成型とも言われるデイナ邸<Susan Lawrence Dana House>が、そこにはある。
外観にとどまらず、家具も含めた内装がライト設計が残されている貴重な建築は、ライト研究者の中でも、プレーリー住宅の代表的傑作だとの評価が高い。
内部には、ライトが影響を受けた日本文化が随所にみられる。写真は、http://www.dana-thomas.org/ のvirtual tours で確認可能。
 
 
1944年空き家同然となったDana House を購入し、復元修復した Charles Thomas 氏の尽力を称え、現在は、Dana = Thomas House と呼ばれている。
ちなみに日本では、ダナ・トーマスと表記されることが多いが、デイナ・トーマスが正しい。

Frank Lloyd Wright's Dana Houseフランク・ロイド・ライトの日本 浮世絵に魅せられた「もう一つの顔」フランク・ロイド・ライトとはだれかガラスデザイン―ステンドグラス・窓
 
 
 
 
 
 
 
 
世界旅行にも写真を載せています。 Prize-Prizeは、アンケートなどでポイント稼ぐ「お小遣いプログラム」です。このようなプログラムにいくつか参加していますが、1年間全部合計して、近場の海外旅行にいける分がもらえるかどうかというぐらいです。あまり期待してはいけません。メールチェックのついでという感じです。

フランク・L・ライト その3 [フランク・L・ライト]

Unity Temple, 1908, Illinois, USA
帝国ホテルの解体により、ユニティ・テンプルは、唯一現存するライト設計の公共の建築物。


内装のデザインも、まさにライトの洗練さと開放感で統一。

シカゴのダウン・タウンの西、約10kmのオーク・パーク。ここには、ライトの邸宅と設計事務所に加え、彼が設計した20余の建築物が残されている。
フランク・ロイド・ライトのモダニズムプレイリー・ハウス  


落水荘 (フランク・L・ライト その2) [フランク・L・ライト]

Falling Water (落水荘), 1936, Pennsylvania, USA
 落水荘の玄関。木を避けるため、軒の一部が削られている。

 
ギャラリーフェイク (7)
   フランク・L・ライトの設計した落水荘には、
 プロトタイプが存在した・・・。
  ライトって誰、という方は、ご一読を。


落水荘(フランク・L・ライト) [フランク・L・ライト]

Falling Water (落水荘), 1936, Pennsylvania, USA
ドライブの復路で寄ったので、フィラデルフィアから行ったが、ピッツバーグからは、車で1時間半。浮世絵をはじめとする日本文化の影響を受けたFrank Lloyd Wright の傑作。日本では、旧帝国ホテルの設計者として、有名。


他にいくつかライトの作品を訪れたので、随時紹介する予定。

  


フランク・L・ライト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。